学校法人内丸学園 幼保連携型認定こども園 [盛岡幼稚園]

〒020-0021 盛岡市中央通1丁目6-47019-622-2301019-622-1819


園長だより

ハチが遊びに来ます

ハチを目にするようになってきました   

 この頃、園庭でハチを目にするようになってきました。子どもたちは、「ハチだ、ハチだ」とさわいで手で追い払おうとしたり、周りにいる職員に教えたりしています。職員はスプレーをもって待ち構えますがなかなか思うようにはいきません。スズメバチの一種なので刺されると危険なので、ハチが近づいてきたらそっとその場から離れる。手で振り払わないなど、子どもたちには指導しています。子どもの中にはアナフィラキシー反応を示す子もいますので、見守る必要があります。近くに巣があるかどうか見回っています。

Aクラスのタッピングの森遠足は、クマの出現が報じられることが多いので、2年前から中止していますが、遠足があった時は、事前の下見でハチ捕獲の仕掛けを木にぶら下げていたものです。そして当日は、捕虫網を持って歩きました。そんなことを思い出しながらハチを観察しています。この頃幼稚園に遊びに来るハチは、スズメバチですがタッピングの森のスズメバチより一回り小さいです。

色水遊び

色水遊び      

 二学期が始まった。今、子供たちは色水遊びに挑戦している。材料は、朝顔やオシロイバナである。そんなことを予想して園では毎年観察園にはオシロイバナが植えられている。これは前の年に黒い種子を採り、春にちょうど各クラスが観察園を始める5月の中旬頃に種をまく。毎年ほとんど失敗しないで栽培でき簡単に育てることができる。花の色は赤、黄、桃、白が一般的で、たまに色の混じった物も見られる。

 色水は、ビニール袋に水を入れ、それに花を入れてもむだけである。オシロイバナは次から次へとたくさんの花をつけるので朝顔と違って多くの子どもたちの求めに対応できる。一日花で、下に落ちた花も色水には使える。子どもたちは「夜に咲くんだよ」と私に教えてくける。日中はしぼんでいて、子どもたちが帰る夕方から咲き始める。黒い種子には毒があるので口に入れないように話す。

                                                               令和3年9月3日 坂本信行  

園児の遊び

子どもたちの遊び

 オリンピックが終了した。次はパラリンピックである。ところで、子どもたちの遊びに、今年はオリンピック遊びが見られない。職員に聞いても、まだ見られないという。それだけ今回のオリンピックは一般国民に関心が薄かったのであろうか。同じように、今年はさんさ踊りのまねごとも園内では見られない。さんさ踊りがあった年は園内中どの学年も太鼓のリズムが響きわたって踊っている姿が見られたが、今年はそれがない。太鼓も服装も自分たちで工夫して造るので、それを見るのが私にとっては楽しみに一つであった。

 夏休みといっても、本園は認定こども園なので毎日多くの園児が通っている。

  令和3年8月11日 園長 坂本信行

早寝早起きの習慣を

大脳の働きから早寝早起きの習慣を  

 全日本私立幼稚園のPTA新聞7月号に「夏を上手に過ごすと体も頭もすくすく」と題して、朝の光と早起き習慣、朝ごはんと学力、成長ホルモンの分泌と早寝習慣について、國學院大学鈴木みゆき教授が執筆されていた。近年の大脳の研究成果からの裏付で、興味深く読ませていただいた。このPTA新聞は、本園では「ふたば会」の会費の関係から、3歳以上児の保護者に配布しているが、生活習慣を形成する大事な時期である3歳未満児の保護者にも読んでいただきたい情報である。大人の生活は「夜型」に進行しているが、乳幼児にとって夜型は悪影響がありふさわしくない。

 一学期が終了した。一号園児は少ないが、明日から夏休みである。PTA新聞には夏休みを大脳の「感性」に関わる部分(大脳辺縁系)を豊かにということも書かれている。

令和3年7月21日 坂本信行