園長だより

音楽会

音楽会    

毎月の誕生会ではお祈りをした後に、先生方が企画してお楽しみ会を行っている。子どもたちのダンスの発表やペープサート、パネルシアターなどを行った。今回はお母さんが演奏する音楽会を行った。昨年度に続きピアノを麻田治邦君のお母さん、マリンバやシロフォンを四戸大晴君のお母さん、ドラムを大晴君のお父さんが演奏してくれた。今年はそれに先生方もリコーダーや鍵盤ハーモニカ、トライアングル、ウッドロックで出演し会を盛り上げてくれた。

園児は音楽的な活動が好きである。今回は聴くことが主になったが、友達と一緒に踊ったり歌ったりするのを好む。今回のように親さんと職員が普段とは違う楽器を演奏する姿に触れることは、園児にとって音楽を親しむようになるうえで貴重な経験となった。

  令和5年12月22日 園長 坂本信行

クリスマス会あいさつ

クリスマス会年長組の保護者に話したこと(概要)

 クリスマス会は年長さんの保護者が参観できる。年長さんは盛岡幼稚園で学んだまとめとして聖誕劇を演じるからである。第一部、二部が終わってから園長として保護者に二つのことを話した。

年長さんにとっての二学期は、大きな行事を乗り越えることによって成長する時期で、運動会、作品展の合同制作、低年齢の子ども達を招待してのトトロランド、今日のクリスマス会とありました。この時期に育てたいことは、子ども同士で話し合い、お互いの主張や考えを述べあい、折り合いをつけながら一つの結論を導き出し、その目標に向かって協力して実行するということです。そのようなことができる年齢で、その経験は集団生活の利点です。

 二つ目に話したこと。幼稚園と小学校の違いです。4月から小学校生活が始まりますが小学校は8時15分にスタートです。それには「早寝早起き朝ごはん」の習慣が大事です。生活習慣はすぐに身につくものではありません。あせらず、あきらめず、明るく、温かく見守って、少しずつ目標に近づけるようにしましょう。

  令和5年12月19日 園長 坂本信行

思いの主張

思いの主張   

 3歳クラス12月第1週の反省欄に、「自分の思いを言葉で伝える子が多くなってきたが、遊具の取り合い場面では相手の気持ちを知ろうとすることはまだで、その都度丁寧に関わっていきたい。」との記述があった。この対応には私も賛成である。自分の主張を十分に出させながら同時に相手の話も聞くという姿勢も大事にしたい。加えて、相手の気持ちがわかり相手の気持ちをかなえてあげようとするには、相手から譲られた経験も必要でその時の自分の気持ちはどうだったのか振り返ってみることも効果があるのかもしれない。「どうぞ」と譲る行動、「ありがとう」と感謝する言葉のやり取りを大事にしたい。

 令和5年12月8日 園長 坂本信行

乳幼児への語りかけはゆっくりと

乳幼児への語りかけはゆっくりと

 当園では子育て相談に応じている。主にクラス担任がそれに対応し、相談内容は相談票に記入し提出している。1歳5か月の子を持つ親さんからの相談で、子どものことばが遅いように感じるが園ではどうかとの内容であった。それに対して担任は、保育者が話すことには反応し理解している。言葉は5語以上話せる。今は、言葉をため込む時期なのでたくさん話しかけたり、絵本の読み聞かせを行ったりしてみてはどうかと話している。

 その通りで、聴力は聞こえているようだし、理解面にも問題がないようで、今は言葉をため込む時期であることからたくさん話しかけたり絵本を読み聞かせたりすることも効果的である。付け加えるとすれば、語りかけはゆっくりとはっきりとしてほしいと思っている。特に3歳未満児に対しては大事ではないかと思っている。なぜかと言えば、ここ近年保護者の語りかけは速いのではないかと感じているからである。母親もお勤めになっていて会社での話し方が身についていると思われるし、テレビの影響があるのかもしれない。

  令和5年12月4日 園長 坂本信行